脱都心コンシェルジュ

海を楽しむ暮らしのコンサルタント

お客様⼀⼈ひとりが理想の暮らしを⾒つけるために。
[R] Styleは、湘南エリアの不動産・物件・家・住まい・街・地域についての魅⼒や、
これからの暮らし⽅を考え、当社代表の 荻原 賢 とスタッフがとことん語ります。

鎌倉さんぽ 「一条恵観山荘」

「一条恵観山荘」いちじょうえかんさんそう、と読みます。 実はずっと以前から気になっていて、いつか行ってみたいと思っていたところなんです。 ようやく念願叶って、本日、訪れることができました。 「わいわい」と観光客で賑やかな鎌倉駅の喧騒からどんどん離れて、次第に穏やかなムードが広がる「朝比奈」方面へと向かいます。 大通りはたくさんの車が「ブンブン」と行き交い、小さな歩道を歩いて...
CONTINUE READING

「波」

美しい 揺るぎのないコンセプトに心を打たれる作品 以前お取引させて頂いたお客様の家は、高台から一直線に七里ガ浜の海と家々を望む特別なロケーションなんだ。 建築家がデザインした室内はリノベーションとは思えぬ出来栄え。 なぜだろう...比較的新しい住宅なのだが、どことなく古めかしい空気感も伝わってくる。 室内の仕上げだけではなく、作家の造るレースのカーテンや、オーナー自ら...
CONTINUE READING

逗子さんぽ 「天照大神社」

小坪漁港から細い路地を歩く。 逗子市小坪の4丁目、ちょっと狭いこの道は「くねくね」と迷路のようでおもしろい。 昔は小坪千軒(=小坪には千軒の家があるという意味)と言われたように、漁業の村として活躍したんだそう。 「キョロキョロ」あちこち見渡すと、それもそのはず、昭和な雰囲気が漂っていて、「ふふふ」胸が弾んでくるのが分かる。 来た道をときおり振り返ってみると、逗子マリーナが「...
CONTINUE READING

逗子さんぽ 「文学碑めぐり 泉鏡花碑」

湘南界隈は文学と深いつながりがある地域。 いたるところ文学碑が建てられているのをご存知でしょうか。 あまり馴染みのない名前の方のものもあるかもしれませんが、ゆかりを知るときっと興味が沸くと思います。 この「文学碑めぐり」では、文学碑の紹介とともにゆかりや周辺の情報などもお届け。 お休みの日などの湘南散策・文学散歩を楽しんでいただければと思います。 今回お届けするのは、逗子市小...
CONTINUE READING

鎌倉さんぽ 「古我邸」

鎌倉には大正時代より「鎌倉三大洋館」といわれる西洋建築を用いた素晴らしい洋館があります。 「鎌倉文学館」・「旧華頂宮邸」と今回ご紹介する「古我邸」の三つです。 既に先の2つの洋館には訪れたことがあるので、「古我邸」でコンプリート。 ちょっとばかりの嬉しさもあり。 「古我邸」さんは、鎌倉駅からわりとほど近い距離、「扇ガ谷」にありました。 閑静な住宅地の中に、突如と開ける...
CONTINUE READING